下肢静脈瘤対策に
簡単にふくらはぎの筋肉を鍛えるインソールのススメ

妊娠や出産を機に発症することも多い、下肢静脈瘤。推定罹患者数は1000万人と言われており大変身近な血管の疾患ですが、通常は命を脅かすような危険はありません。

しかし、ふくらはぎに静脈が蛇行して瘤ができてしまうため、見た目(美容的)に悩む人も多いと言われています。

下肢静脈瘤の代表的な症状

下肢静脈瘤の主な症状は、

  • 下肢(脚)のだるさ
  • 下肢(脚)のむくみ
  • 下肢(脚)が疲れやすい
  • こむら返り(就寝中に足がつる)
  • 下肢(脚)の痛み

などが挙げられます。

下肢静脈瘤になりやすい人の特徴

下肢静脈瘤になりやすい人の特徴としては、

  • 立ち仕事の人(料理人・店員などで、立ちっぱなしで歩き回ることが少ない職業)
  • 妊娠・出産を経験した女性
  • 肥満や運動不足の人
  • 中高年の人
  • 女性
  • 血縁者(親や兄弟姉妹)に下肢静脈瘤の人がいる
  • 長時間同じ姿勢で仕事をする人(デスクワーク)

などの要素を持つ人がなりやすいと言われています。

下肢静脈瘤の原因と対策は?

下肢静脈瘤は、骨格筋(骨格を動かす筋肉)の血液ポンプ機能の低下が原因と言われています。

脚がむくみやすい、疲れやすい、むくんで痛みが出る・・・などの症状を感じ始めたら、骨格筋を鍛える対策を早めに行いましょう。

対策1 かかとの上げ下げ運動

座ったままでもできるので、デスクワークの方にもおすすめです。

下肢静脈瘤

対策2 ふくらはぎの筋肉を鍛える

運動不足などによりふくらはぎの筋肉が衰えることにより、下肢静脈瘤が発症しやすくなります。

ですので、ふくらはぎの筋肉を鍛えることが、対策につながります。

効率良くふくらはぎの筋肉を鍛えるには、「アシトレインソール」がおすすめです。

インソール「アシトレ」なら、

日常生活の中でふくらはぎのトレーニングが可能

私たちBMZでは、アシトレの様々な臨床データを取得しています。

インソール「アシトレ」を使用するだけで、脚部骨格筋の筋肉量が増加したという臨床データも。

いつものシューズの中敷を「アシトレ」に変えるだけ。

通勤しながら、買い物しながら、散歩しながら・・・

いつもの生活で、下肢静脈瘤対策にも繋がる、ふくらはぎの筋肉トレーニングが可能となります。

下肢静脈瘤につながる、脚のむくみや疲労感にお悩みの方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

LINEで最新情報を
受け取ろう

LINEのお友達追加で
毎月20名様に抽選で
インソールをプレゼント!

LINE公式アカウント お友達追加ボタン